北海道帯広市

 

 

ども、こんにちは!

かずまです!!

 

 

札幌から帯広へ移動しました。

 

f:id:Star-Kazuma:20180818080423j:image

 

ちなみに就業に間に合わなそうだったので

今回は電車を使ってます(^^;;

 

 

 

 

 

 

帯広といえば豚丼!

 

札幌市内でも豚丼のお店を

いくつか見つけていたのですが

行きたかった豚丼店が帯広にあったので

ずーーっと我慢していました 笑

 

 

早速そのお店へ。

 

f:id:Star-Kazuma:20180819213634j:image

 

元祖 豚丼のぱんちょう

 

 

駅前にあります。

実は豚丼発祥の店。

 

店に着くと10人程のウェイティングが。

まあ、これくらいならと思い並びます。

30分くらいで入店。

 

 

メニューはこんな感じ。

 

松 4枚 ¥900

竹 5枚 ¥1000

梅 6枚 ¥1100

華 8枚 ¥1300

 

枚数によって価格が変わる。

今回は「竹」で!

 

そして到着。

 

f:id:Star-Kazuma:20180819214037j:image

 

かなり厚めの豚肉。

焼き加減に表面のツヤもいい感じ。

 

食べてみると

香ばしい香りに甘すぎないタレが

絶妙なバランスでめっちゃ美味い。

 

 

このお店の先代は

「この地で育った豚肉をさらに美味しく食べたい」

試行錯誤を繰り返しこの味を出すまで

数十年かかったそうです。

 

そりゃそこら辺のモノとは違うわ。

美味い豚丼を食べたいならこちらのお店へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

豚丼を食べ終え次に向かったのが

 

f:id:Star-Kazuma:20180819214756j:image

 

インデアン

 

まあ、カレー屋さんです。

 

「帯広でなぜカレー?」

と思う方もいると思いますが

十勝エリア、特に帯広周辺では

かなり馴染んでいるカレー。

 

嘘かホントかは分からないですが

この地域住民は

インデアンがあるから

家でカレーは作らないとか 笑

 

 

とりあえず食べてみます。

メニューを見るとルーは3種類。

 

  1. インデアンルー

    牛肉をふんだんに使い、数十種のスパイスで熟成させた定番ルー。

  2. ベーシックルー

    ビーフのエキスが溶け込んだルーに、玉ねぎを加えたシンプルなルー。

  3. 野菜ルー

    大ぶりなジャガイモに人参、玉ねぎを使用した野菜の旨味が溢れるルー。

 

 

そして辛さ5種類から選択。

 

 

今回は「インデアンルーの辛さ普通」で注文。

5分くらいで来ました。

 

f:id:Star-Kazuma:20180819215926j:image

 

見た目は結構トロッとした

スタンダードなカレーライス。

 

食べてみるとかなり濃厚で

想像以上にスパイスやコクの深みも感じられる。

 

ちなみにこちら価格が

税込で¥453とかなり安い。

それでこの味とは帯広市民は羨ましいですねー(TT)

 

もう少し辛さが欲しい場合は

卓上にあるホットオイルで!

試しにかけてみましたが結構辛いので

かけすぎには注意。

 

f:id:Star-Kazuma:20180819220306j:image

 

インデアンは地域に馴染んでると

先程いいましたがその理由の1つに

「みんな自宅から鍋を持参して

テイクアウトする」

ということがあります!

 

これはお客さんからの

「容器に付いたカレーがもったいないから

鍋を持って行きたい」という声から始まりました。

 

普通に考えるとびっくりですが、

それだけ愛されているカレーなんですね!

 

お腹いっぱい食べたい時も

仕事の休憩の間でも

飲んだ後の〆にでも食べたくなるカレー。

僕もこの周辺に住んでいたら

間違いなくリピーターになっていると思う 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次の日、最後に行ったのが

 

f:id:Star-Kazuma:20180819221453j:image

 

麦音

 

 

有名なパン屋さんです。

 

帯広駅からは車で約15分と少し距離はありますが

自転車は札幌の駐輪場に止めてあるので

歩いて行ってみました(^。^)

 

まず敷地内はかなり広い。

それもそのはず、こちらは

単独ベーカリーとしては日本一の敷地面積を誇ります。

店内も広いですが

外もちょっとした公園みたいになっている。

 

f:id:Star-Kazuma:20180819222232j:image

 

 

こちらで作るパンは

全て十勝産小麦100%

 

「地産地消」をテーマにしています。

 

店内はオープンキッチン。

作っているところを目の前で見ることが可能。

 

中に入るともう、それはそれは良い匂いが。

 

f:id:Star-Kazuma:20180819222532j:image
f:id:Star-Kazuma:20180819222432j:image
f:id:Star-Kazuma:20180819222442j:image
f:id:Star-Kazuma:20180819222502j:image
f:id:Star-Kazuma:20180819222420j:image
f:id:Star-Kazuma:20180819222519j:image

 

 

色んなものに目移りしながらも

購入したのは4つ。

 

 

f:id:Star-Kazuma:20180819222729j:image

 

十勝平野のコーンパン 

¥250

 

中に特に入っていないのに

とうもろこしとパンの甘みだけでめちゃくちゃ美味い。


f:id:Star-Kazuma:20180819222715j:image

 

とろ〜りチーズパン

¥222

恐らく出来てから

少し時間は経っているのにチーズはトロトロ。

 

 


f:id:Star-Kazuma:20180819222736j:image

 

かぼちゃベーグル

¥162

 

これは結構面白い。

かぼちゃの味もしっかり感じて

パンプキンシードがいい食感に。


f:id:Star-Kazuma:20180819222721j:image

 

とかち牛カレーパン

¥194

個人的にカレーパンが一番美味しかったー。

中には牛肉がゴロッと入って、衣のカリカリっとした食感。

帰り際にこれだけお代わりしました 笑

 

ちなみにこのカレーパンの中に入っている牛肉は

「未来めむろ牛」を使用。

 

これは十勝・芽室町で飼育されている牛の1つで

与えるエサにかなりこだわりのある銘柄牛。

 

それは

  • 抗生物質無添加のミルクでの育成
  • 飼料は非遺伝子組換え
  • 構成物質フリー
  • 収穫後農薬のないトウモロコシなどを使用

 

さらには米ぬか・ビール粕・ハーブなどを使用したエサを与え旨みの強いお肉に。

 

 

購入したパンはテイクアウトはもちろん

晴れている日は外で食べるのもありですし

イートインスペースもかなり広いので

こちらを利用するのもいい。

 

f:id:Star-Kazuma:20180819224431j:image

 

 

パンの種類もかなり豊富で飽きない。

ピザなんかもありました!

 

かなりハイレベルなパン屋さんです。

 

f:id:Star-Kazuma:20180819224528j:image

 

 

 

 

 

 

少し長くなりましたが

帯広はとりあえずここまで!!

 

 

 

 

 

ちなみに僕は現在

帯広から少し北のほうにある

「上士幌町」というところで

1ヶ月間だけ勤務中。

 

ちなみに弟は富良野で。

 

 

ということもあり少しブログの更新も少なくなりますが

リスタートした時はまた見て頂けたら嬉しいです(^。^)

日本一周再開は多分9月12日頃かなー?

 

 

これまでの振り返りをすると

東京→千葉→茨城→栃木→福島

→宮城→岩手→青森→北海道と

47分の9 周って来ました。

まだまだ先はあるので楽しみます!

 

 

 

では、また!!!!