秋田県秋田市〜秋田県由利本荘市

 

 

ども、カズマです!

久しぶりの更新ですが

ちゃんと進んでおります( ̄∀ ̄)

 

 

 

秋田市内に入り、とりあえず

秋田駅ナカをうろうろ。

 

 

いやー、美味そうなものがたくさん売ってますね〜

 

 

秋田名物といえば「きりたんぽ」

 

f:id:Star-Kazuma:20180926231819j:image

 

 

きりたんぽの土産類がとにかく多い 笑

 

f:id:Star-Kazuma:20180926231834j:image

 

この写真内は全てきりたんぽ関連商品

めっちゃ推してますね

 

 

 

そんな中で1つ、きりたんぽとは関係無しに

秋田で食べたかったものを発見。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926231215j:image

 

バター餅

 

駅構内の秋田物産店で販売していました。

 

 

元々は北秋田市で生まれた郷土菓子。

メディアでもたまに取り上げられているようで。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926231312j:image

 

 

材料はもち米、バター、砂糖、卵黄などと

かなりシンプル。

 

 

県内にもいくつか作っている場所があって

その製造者ごとに味も違うようなのですが

僕が今回購入した

「柴田さんちのバター餅」が

県内で1番美味しいという評判もあります(^^)

 


餅ですが焼いたりせずそのまま食べられ、

かすかにバター風味がして

ほんのり甘く素朴な味ではあるけど

また食べたくなる味。これはハマる

 

f:id:Star-Kazuma:20180927005519j:image

 

 

 

 

 

弟とは一旦離れ、店巡りに行きます。

とりあえず3軒。

 

まずは、こちら!

 

f:id:Star-Kazuma:20180926232434j:image

 

餃子の餃天

 

 

こちらで食べたかったのが

 

f:id:Star-Kazuma:20180926232534j:image

 

3色餃子

白、赤、緑。

 

 

順に説明していくと

 

f:id:Star-Kazuma:20180926232942j:image

 

①「至福の白餃子」

あきたこまち米を国産小麦にまぜた皮を使用し

薄いのにもっちりとした食感。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926232950j:image

 

②「情熱の赤餃子」

国産唐辛子と韓国の厳選唐辛子をブレンドした独自の皮を使用。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926233007j:image

 

③「新緑のふき餃子」

秋田名産品の1つでもある、ふきの葉を皮に練りこんである。

 

 

にんにくが少し強め。

噛むと中から肉汁が溢れ出てきて

どれもめちゃ美味い

 

ご飯がすすむ、すすむ。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926233147j:image

 

 

餃子の餃天

餃子の餃天



 

 

 

 

 

続いてがこちら。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926233414j:image

 

佐藤養助

 

 

こちらでは日本三大うどんの1つである

稲庭うどんを食べることが出来ます。

 

 

稲庭うどん自体の発祥は

秋田県湯沢市。

 

それを駅前でも食べることが出来る人気店。

 

 

稲庭うどんの麺は

皆さんが普段食べるようなうどんの麺とは少し違います。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926234002j:image

 

平べったい。

 

一部製法自体もそうなのですが

うどんというよりそうめんに近いです。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926234425j:image

 

 

食べてみると「コシ」があるというよりは

「ツルツルっとした喉越し」を楽しめる

 

 

食べて気に入った方は

麺を店内で購入することも出来ます!

 

f:id:Star-Kazuma:20180926234626j:image

 

 

 

 

 

 

そして、3軒目。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926234918j:image

 

広栄堂

 

 

お店の入り口にこんな張り紙が。

 

f:id:Star-Kazuma:20180926235124j:image

 

拡大図

 

f:id:Star-Kazuma:20180926235136p:image

 

 

生グソあります

 

 

 

…生グソとは?

 

生…グソ…

 

グソ…

 

 

とりあえず中に入って頼んでみます。

 

 

するとこんなものが運ばれて来ました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Star-Kazuma:20180926235314j:image

 

 

 

そう、かき氷

 

 

 

実は生グソとは

「生グレープフルーツ入りで

ソフトクリームを乗せたかき氷」のこと。

 


[生グ]レープフルーツ入りで

[ソ]フトクリームを乗せたかき氷

生グソ

 

 

まあ、何とも、大胆な略称。

 

 

ただ食べてみるとこれがめちゃくちゃ美味い。

器からはみ出るくらい入ったフワッフワのかき氷。

 

 

しかもこれで¥520という安さ

 

f:id:Star-Kazuma:20180927003059j:image

 

 

6月上旬頃〜9月下旬頃までの期間限定販売

というのもまた良い。

 

 

 

 

 

 

という感じで秋田を出発し

山形県を目指します。

 

 

 

 

 

由利本荘市にあった途中の道の駅では

こんなものを。

 

f:id:Star-Kazuma:20180927003242j:image

 

本荘ハムフライ

 

 

下記のものを本荘ハムフライと呼べます。

 

・必須条件
プレスハムを小麦粉・卵・パン粉をつけてフライしたもの。


・希望条件
由利本荘市で製造されたハム、または由利本荘市で生産された豚肉を原料にしたハムを使用。
揚げ油にラードが混入する。

 

上記を満たしたものを

本荘ハム民の会認定委員会が審査し

合格したハムフライについて

公認の本荘ハムフライと呼ぶ。

 

 

 

今回寄った「道の駅 岩城」

 

f:id:Star-Kazuma:20180927004350j:image

 

こちらではこの本荘ハムフライを挟んだ

ハンバーガーも提供しています。

 

f:id:Star-Kazuma:20180927004331j:image

 

個人的にはそのまま食べるよりも

ハンバーガーにした方が美味しいと思う( ̄∀ ̄)

 

 

 

 

 

 

秋田グルメはここまでにして、

次のブログでは「山形県」へ入ります!

 

 

 

 

 

では、また!!