新潟県小千谷市〜新潟県南魚沼市〜群馬県渋川市

 

 

 

ども、カズマです!

 

 

 

 

 

新潟市内を抜け

群馬県の方へと向かっていきます。

 

 

 

ちなみに群馬県へ入るには

標高1000mの峠を越えなければいけません…(^^;;

 

 

 

 

 

 

まずは新潟県小千谷市にて。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930023730j:image

 

道の駅ちぢみの里 おぢや

 

 

登り坂をまあまあ登った先にあって

かるい休憩がてら寄ったので特に何も

買ったり食べたりする予定はなかったのですが…

 

 

f:id:Star-Kazuma:20180930024134j:image

 

 

笹だんごアイス…⁉︎⁉︎

 

 

 

大好きな笹だんご。

食べないという選択肢はありません。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930024307j:image

 

このアイス面白くて

中に細かく切った餅とあんこが入ってるんですよ。

それでいてよもぎの香りもちゃんとする。

 

久しぶりにこんな美味いソフトクリームを食べた〜(^ ^)

 

 

 

 

その後宿泊予定地の場所へ到着。

 

 

f:id:Star-Kazuma:20180930024700j:image

 

道の駅 南魚沼 雪あかり

 

 

宿泊予定地と聞いてホテルかなんかかと思いました?

残念、安定の野宿です 笑

 

 

この日は久しぶりに1人で130km近くこいで

お腹が空いたので道の駅内の飲食店へ。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930025045j:image

 

 

おー!安くて種類豊富。

 

 

 

頼んだのは

「妻有ポークのもつ煮定食」

 

f:id:Star-Kazuma:20180930025641j:image

 

 

もつ煮定食と聞くと

群馬を思い出しますがココは新潟。

まあ、群馬の一歩手前ですがね( ̄∇ ̄)

 

 

 

ちなみに妻有ポークは

新潟県妻有地方(十日町市・津南町)の

10農場で結成される「妻有畜産グループ」が育てる銘柄豚で

一般的な豚に比べビタミンEが約10倍含まれいます。

抗酸化作用により熟成をなだらかにゆっくりと経て、脂の旨みも最大限に楽しめる豚肉。

 

 

f:id:Star-Kazuma:20180930025649j:image

 

もつ煮はビールなんかと合わせて

食べるものだと思ってましたが

ご飯のおかずとしても存在感あり美味しいですね!

 

 

 

 

 

食後のデザートにはこちらを。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930030028j:image

 

コシヒカリモナカ

 

新潟の至る所で売っていたので

気になりすぎて買ってみました。

 

 

アイスの中に

コシヒカリの米粒が入っている面白いモナカで

食べると口の中で

僅かにお米の香りを残しながら溶けていく。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930030245j:image

 

真ん中で2つに割れるようになっているので

シェアもしやすい。

美味しかったです。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930030315j:image

 

 

 

 

 

その後、道の駅で弟と現地合流し野宿。

 

 

 

 

 

次の日、いよいよ峠を超えます。

 

 

 

 

途中にあった道の駅で

足湯に入って足だけでも疲れを取る。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930030818j:image
f:id:Star-Kazuma:20180930030806j:image

 

 

自転車をこいでは歩いたりを何回も繰り返し

汗ダクダクになりながらなんとかてっぺんに到着。

 

 

f:id:Star-Kazuma:20180930031019j:image

 

 

標高1076m地点。

 

 

 

この三国トンネルを抜けた先は

 

f:id:Star-Kazuma:20180930031106j:image

 

 

群馬県!!

 

いやー、めっちゃしんどかった…

もう自転車では登りたくない…笑

 

 

景色も綺麗です。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930031218j:image

 

少し降りたところのローソンから見える景色。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930031253j:image

 

登り切った後は

下り坂がずっと続いたのでかなり楽でした。

 

 

 

この日は群馬県渋川市で野宿。

 

その次の日、自分だけ

渋川市であるものを食べに行きました。

 

それは「水沢うどん」

 

日本三大うどんの1つ。

 

 

水沢うどんは

群馬県渋川市に建つ水澤寺の周辺を発祥とした料理で

今から約400年ほど前には水沢うどんの原型が完成していたくらい歴史があります。

 

 

 

正直、前橋や高崎あたりの

都会の方でも系列店で食べられるんだろうなーと

ナメた考えをしていたのですが、実際は

「渋川市伊香保町水沢」近辺でしか扱っていないらしく

その場所が大体標高600m近くにあるらしい。

 

 

昨日ガンガン下ってきたから

現地点は結構下の方。

 

 

でも美味いもの食べたい

 

ということで、寝起き早々の坂道ダッシュ 笑

 

 

 

距離だけで言えば10kmと

大したことないんだけど

もう、坂道の傾斜が…

それはそれはすごくて…

 

めっちゃしんどい…笑

 

 

 

 

やっとの思いで到着。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930074428j:image

 

田丸屋

 

 

店の外観。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930074439j:image

 

内装。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930074528j:image
f:id:Star-Kazuma:20180930074515j:image

 

広くて清潔感のある店内。

 

 

だが、しかし、この時の自分は汗ダクでした 笑

 

 

 

早速水沢うどんを注文。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930074631j:image

 

粉、水、塩のみのシンプルな材料。

ツヤがあり、スッキリとした喉越しの麺。

めっちゃ美味い。

 

この2色つゆもいいですねー!

「醤油つゆ」

その醤油つゆをベースにした「胡麻つゆ」

変な甘さとかなくてうどんに合う。

 

 

 

田丸屋の麺は3種類の小麦粉をブレンドし

2日間かけて作られるこだわりの麺です。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930074656j:image

 

 

 

 

 

他にも水沢うどんを扱うお店は結構あって

「水沢うどん街道」と呼ばれる

約4kmある水澤寺の参拝道にずらっと並んでいます。

 

f:id:Star-Kazuma:20180930074735j:image

 

 

1つだけ言えるのは

皆さんは車かバスで行くことをオススメします 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、群馬県へ突入。

 

 

 

次は群馬県前橋市と高崎市について

書いていきたいと思いまーす(^^)

 

 

 

 

 

 

では、また!!