山梨県甲府市〜長野県松本市〜新潟県糸魚川市

 

 

 

ども!!壱磨です!

 

 

 

 

 

山梨県から長野県へと向かいました!

 

 

 

 

長野は長野市ではなく松本市へ(^^)

 

 

f:id:Star-Kazuma:20181012175757j:image

 

 

 

 

まずは松本城!!

 

f:id:Star-Kazuma:20181012180032j:image

 

 

この日台風が近づいていた事もあり

曇り空なのが残念ですが(^^;;

 

 

 

 

 

長野で最初のお店はコチラへ。

 

f:id:Star-Kazuma:20181012180604j:image

 

小松パン

 

 

大正11年創業。

 

 

 

長野県のご当地パンに

「牛乳パン」というものがあります。

 

f:id:Star-Kazuma:20181012183737j:image

 

 

長野県内では馴染みすぎて

他県には売っていないことをしらない

県民もいるとかなんとか。

 

 

馴染みのあるパンなので

基本どのパン屋にでも売っていて

お店の個性も出るパンなのですが

小松パンの牛乳パンがスゴい。

 

 

 

 

それがこちら!

 

 

f:id:Star-Kazuma:20181012182907j:image

 

 

とにかくデカい 笑

多分300gくらいあるかと。

 

 

値段は¥335

 

 

牛乳を使用したふわふわのパン生地に挟まれた

大量のバタークリーム。

おもいっきりかじり付いてみましたが

縦から食べるのはかなり大変( ̄∀ ̄)

 

バタークリームは量こそ多いですが

軽めで見た目ほどの罪悪感は感じない。

お腹にもしっかり溜まる。

 

かなり人気のあるパンで

前日までなら予約も可能なので

確実に食べたい時は予約した方がいいかも。

 

 

 

 

 

 

続いて土砂降りの雨の中向かったのがこちら。

 

f:id:Star-Kazuma:20181012191052j:image

 

山賊焼 河昌

 

 

松本市において

「山賊焼の発祥」と言われているお店。

 

 

つい最近までは

夜も営業していたようですが

ここ最近は

11.30~14.00(土日祝は13.30)と

かなり短い時間の営業でハードルが高い 笑

 

 

 

河昌の山賊焼がこちら。

 

f:id:Star-Kazuma:20181012191937j:image

 

 

 

山賊焼きはもう簡単に言うと

大きい唐揚げっすね( ̄∀ ̄)

 

 

ただ、誕生の逸話が面白く、

 

山賊は人のものを取り上げる。

「取り上げる→鶏揚げる」

まあ、ダジャレみたいな感じなんですが

山賊の傍若無人なイメージを

鶏肉の一枚肉を豪快に使ったことから誕生したようです。

 

f:id:Star-Kazuma:20181012191949j:image

 

 

基本こういうの醤油で食べますが

一緒に出されたソースも気になり使ってみました。

 

f:id:Star-Kazuma:20181012192057j:image

 

河昌特製 山賊ソース

 

 

トマト味噌味。

 

 

このソースも美味しくて

味噌は入っていますが、一気に洋風の味付けに変わる!!

 

 

雨の中でも来てよかった。

 

 

 

 

 

と、松本で飯も食べつつ

台風が過ぎるのを図書館やらネカフェを使滞在。

 

 

 

台風が過ぎ、次は富山に向け再びスタート!!

 

 

 

初めは良かったですが

途中トラブル。

 

 

 

f:id:Star-Kazuma:20181012192517j:image

 

 

初めてのパンク…(TT)

 

 

近くにはデッカいガラスの破片が落ちていました。

多分そいつ。

 

 

 

よく分からない町でのパンクで

焦りましたが奇跡的に1km先に自転車屋が!!!

 

 

めっちゃ運が良い。さすが。

 

 

パンク発生から30分後には普通に進めました( ´∀`)♪

 

 

 

そんなこともありながら

新潟県糸魚川市へ。

 

f:id:Star-Kazuma:20181012192822j:image

 

 

富山県に入る経由地点。

 

 

 

 

 

次のブログでは富山県から!!!

 

 

 

 

 

 

では、また!!!

 

 

f:id:Star-Kazuma:20181012193022j:image